肌にやさしい選択

驚く赤ちゃんと母親

洗剤は肌にやさしいものを

初めて赤ちゃんを授かった人は、何もかもが初めての経験となり何をするにも手探り状態で不安なことばかりだと思います。特に生まれたての赤ちゃんは免疫が弱くデリケートなため、環境の変化や温度など周りの大人が気をつけてあげなければなりません。また月齢によって食べさせてよいものやさせてもよい行動が異なり、接する時には注意が必要です。そして赤ちゃんの肌に直接触れるような衣類にも気をつかう必要があり、洗濯の洗剤は低刺激のものを使うとよいです。価格帯は一般の洗濯洗剤よりは割高ですが数百円から購入でき、大人も子供も安心して使用できます。洗濯洗剤はよく使うものですので、お得な大容量のものを購入するのもよいでしょう。

赤ちゃんの洗濯には気をつかって

大人の衣類とは違い赤ちゃんの衣類などを洗濯する場合、気をつけなければならないことがいくつかあります。赤ちゃんはまだまだ発達途中で、肌もデリケートなため低刺激なものを使う必要があります。赤ちゃん自身が体温調節することができないため、化学繊維を用いて作られた衣類は避けたほうがよいでしょう。そのようなものよりコットンやガーゼなど汗を吸い取りやすく肌触りのよい衣類の方が、着心地もよいはずです。また洗濯を行う時は大人のものとは別に洗い、洗剤も赤ちゃん用のものを使うとよいです。赤ちゃん用の洗剤の特徴は、蛍光剤や合成界面活性剤が含まれておらず無添加のもので作られています。このような洗剤を使うことで、デリケートな赤ちゃんにも安心して使うことができトラブルも起きにくいのが特徴です。


このエントリーをはてなブックマークに追加